2004年10月 アーカイブ

by 波田陽区 2004年作品
ギター侍は波田陽区。 CDに続いてDVDも発売となり、2004年大ブレイクしたタレントとしてお笑いの歴史に記録されるであろう、ギター侍こと波田陽区。ついに100人斬りも果たし、苦情も殺到中らしい。
10月11日体育の日の「ジャスト!」波田陽区のスペシャルも放送された。

日本テレビ以外でギター侍を見るのは初めてであったが、これまで表に出てくることがなかった波田陽区個人の謎にも触れることが出来て、祝日のお昼という微妙な時間帯に一服の清涼剤という役割も見事に果たした。

かねてから謎であった「波田陽区」の由来は、「波田ニューヨーク」であるとのこと。地味なキャラクタなので、派手なイメージのあるニューヨークを繋げたということだ。
着流しも崩して着ているのも、着物もきちんと着れないのに人を斬っている、ということでカドを立てないようにしているとのこと。やはり細かい計算をしている。
渋谷ラ・ママでのライブでは「残念!」で10倍増しくらいキレまくっていた。また、6年越しでやっとラ・ママの壁にサインできたのだが、その壁の真ん中にZIGGYのサインがデカデカと書かれていたのには懐かしさががこみあげた。

余談だが、ライブ映像で椎名林檎斬りが見れたのが嬉しい。この前東京事変が良いと書いたとたんこれだもの、林檎ファンとしても嬉しい。

| コメント(5)| トラックバック(0)